トップへ > お子さんとの接し方あれこれ > どんなにお子さんの成績がよくなくても

どんなにお子さんの成績がよくなくても

お子さんの勉強の状況が思わしくない場合の、
親御さんの過ごし方について考えてみたいと思います。

<一般的には>
お子さんの勉強の状況がよくなければ、
親御さんは、いろいろと注意をしたくなり、
お子さんがテレビを見たり、ゲームを楽しんでいたりすると
いらいらされることもあるのではないでしょうか?

このような親御さんのご様子は、
ある意味で当然のことであり、
仕方のないことだとも考えられます。


<お子さんの気持ち>
お子さんの勉強の状況がよくないために、
親御さんがいらいらされたり、注意が多くなったり、
または、小言のようなことが多くなると、
お子さんは、ますます、今の状態にい続けることになります。

それは、自分を認めてくれない人には、
「心を開かない」「言うことを聞きたくない」という
人間の心理の現れです。


<成績の悪い子として>
また、たえず親御さんが、
お子さんのことを、
「この子の勉強の状態はよくない」と
お思いであれどうなるでしょう。

その親御さんは知らず知らずのうちに、
お子さんに対して「成績の悪い子」に対する
接し方をしてしまい、
それが、ますますお子さんの状況を悪くしてしまうのです。

その結果、お子さんをほめ認めるきっかけが見つからず、
よって、お子さんはますます自分が親に
認められたと感じる機会を得られなくなっていくのです。


<ひいき目でみるメガネをかけて>
やや難しいことかもしれませんが、
お子さんの勉強の状況がよくなくても、
お子さんが望ましい姿でいるとお思いなって
接していかれれば、
変化が引き出されるのではないでしょうか。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス