トップへ > 望ましい家庭環境の作り方 > 家庭の平和・心の平和と子どもの意欲3 〜落ち着いた会話のために〜

家庭の平和・心の平和と子どもの意欲3 〜落ち着いた会話のために〜

親子が落ち着いて話し合うために必要であっても、
ほとんど考慮されないことについて考えてみたいと思います。


親子の間に限らず、人と人が落ち着いて話し合うためには
その場所が静かであり、時間にも余裕があることが
必要だと考えられます。

そのため、大切な話し合いの時には
テレビは消した方がよく、朝の食事時などは避けた方が
よりよいと言えるでしょう。

以前、心の穏やかさには空腹が満たされていることが必要だと
このブログに書きました。
親子で落ち着いて話し合うためにも空腹でないことが重要です。

そしてもう一つ、大切なことがあると
私は考えています。

それは、疲れた状態にないということです。
疲れていると、空腹時と同じように
気持が高ぶり、また、興奮しやすいものです。

相手の些細な言葉に過剰に反応し、
疲れていないときよりも怒りっぽくなるでしょう。

実際に怒りっぽい人はいると思われます。
ただ、そのような人でも、疲れてないときには、
怒ることが少なくなるのではないでしょうか。

まして、怒りっぽくない人が、疲れていない状態であれば、
簡単に感情的になることはないでしょう。


人は疲れているときには自己防衛本能が働き、
人の立場を考えるよりも、自分のことを優先して
考えるようになるのだと思われます。

たとえ相手がわが子や親であっても、
自分を優先して考え、
自分の考え・立場を押し通したくなり、
相手を打ち負かそうとする心理が
無意識のうちに働くのです。

よりよい話し合いのためには、しっかり食事を摂り、
しっかりとした睡眠や休息によって、疲れを取ることが
大切だと、私は考えています。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス