トップへ > 真実の勉強法 > 大学受験に向けての“質”と“量”1

大学受験に向けての“質”と“量”1

受験勉強における“質”と“量”の関係について
考えてみたいと思います。

<優先される質>
大学受験で必要とされる知識の量は
「膨大」ということができます。

そのため、“手際よく”知識を整理し
身につけていく必要があるといえるでしょう。

“手際よく”は、“要領よく”と言われる
こともよくあります。

これらの言葉からわかるように、
大学受験に向けた勉強を進めるには
“質”がひじょうに重要であり、
一般の受験生や、その親御さんも、
「質のよい勉強」や「質のよい方法」を
知ることに重きを置いているようです。


<“質”は簡単に見つかる>
私も勉強に質はひじょうに重要だと
感じています。

的外れな勉強ではどんなに時間をかけても
大きな効果は現れないからです。

しかし、質のよい勉強法はとても
簡単に見つかります。

たとえば、インターネットで検索すれば
全ての教科について、評判のよい
参考書・問題集が見つかります。

現在市販されている参考書・問題集の
多くは質がよく、しかもインターネットでは
それらについての評判もわかります。

評判のよい参考書・問題集を、
基礎レベルから受験レベルまで順に
こなしていけば、質のよい勉強ができるのです。

ただ、このことについては、
さらに考えなければならないことがあるのです・・・。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス