トップへ > 大学受験のための「問題集」選び > 「英単語」を覚えるために 1 フレーズで覚えよう

「英単語」を覚えるために 1 フレーズで覚えよう

今回は、誰もが苦労する英単語を覚えるのに
役立つと思われる単語集について考えいきます。

<多くの単語集>
いま現在、英単語を覚えるために
なにか単語集を使っていますか?

使っているなら、それは
「英単語ターゲット1900」でしょうか?
河合塾から出ている「英単語2001」でしょうか?

受験に必要な英単語を集めた単語集は
実に多く出版されており、
それだけ多くの需要がある、
つまり、誰もが覚えるのに
苦労しているということができます。


<自分の好みで・・・>
これらの単語集は、語弊があるかもしれませんが、
どれも完全で、どれも不完全なのです。

どの単語集も入試に必要な単語は掲載されています。
しかし、どの一冊をとっても、
それだけで入試で目にする単語のすべてをカバー
しているものはないのです。

そのため、単語の配列や文字の大きさなど、
自分にとって使いやすいものを使うのが一番よい
ということができます。

ただ、私の経験上、覚えやすい状態で
書かれているものと、そうでないものがある
というのも事実だと思います。

<覚えやすい単語集 1>
英単語一つにつき、和訳一つを
1対1の関係で覚えることを考えてみましょう。

triumph : 勝利
このような形で覚えていくのは
すこしの単語なら可能かもしれませんが、
数が多くなればやや飽きが生じ、
あまりはかどらないと思われます。

一つのより覚えやすい方法として
語ではなく、句=フレーズ、
つまり他の単語と一つのまとまりある
意味として覚える方法があります。

feeling of triumph = 勝利感
このように他の単語とセットになれば、
記憶にはかなり残りやすくなります。

<お勧めの単語集>
今回は、このような覚え方のできる
単語集をお知らせします。

受験界ではかなり有名ですが、
「システム英単語」(駿台文庫)
は、入試での出題を徹底的に
調査してつくられた単語集です。
また、この姉妹書
「システム英単語ベーシック」は
やや英語が苦手な方にお勧めです。

そして、先に紹介したように
単語がただ並んでいるだけでなく、
句=フレーズとして並んでいるため
他の単語集よりも記憶しやすいと、
私は考えています。

その他、似たような形式の単語集として
「フレーズで英単語3000」(浜島書店)があります。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス