トップへ > 予備校・塾の利用 > 模試の活用4・・・記述模試・論述模試の結果・偏差値・合格判定など

模試の活用4・・・記述模試・論述模試の結果・偏差値・合格判定など

記述模試・論述模試について
さらに考えていきたいと思います。

<センター試験模試との併用>
記述模試・論述模試はセンター試験模試の
実施日からほとんど間を空けずに実施される
場合がほとんどです。

これは、一つにはセンター試験模試と
記述模試・論述模試の両方の結果から
総合的に、志望校の合格判定を行うためです。

国公立大学はセンター試験と各大学が実施する
2次試験との2つの試験結果をトータルで
判断して合否を決定します。

そのため、模試でも、センター試験模試に加えて、
記述模試・論述模試を国公立大学の2次試験に
みたてて、合格可能性の判定しているのです。


<センター試験模試との違い>
センター試験模試とちがって、
記述模試・論述模試では、すべて自分で解答を
記入します。また、解答の字数がかなり多い問題も
多数出題されます。

そのため、しっかりとした学力がないと
記号選択問題以外は、解答をまったく書けない、
ということも、決して珍しくありません。


逆に、学力が高い受験生にとっては、
ここぞとばかり、しっかり解答を書き上げることで、
今までの勉強の真の成果を見極めることがでます。


記述模試・論述模試はセンター試験模試と異なり、
実力差がそのままあらわれます。

一つの問題に対してあやふやな知識しか
持ち合わせていなければ、少しはわかったが、
重要なことは何も答案用紙に書けなかった、となります。

端的に言って、記述模試・論述模試は
センター試験模試よりはるかに差がつきやすい
模試だということができるでしょう。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス