トップへ > 予備校・塾の利用 > 予備校・塾の選び方3…大学受験のためのオリジナルテキスト

予備校・塾の選び方3…大学受験のためのオリジナルテキスト

10年ほど前、私は講師として、
予備校の生徒募集業務を手伝ったことがあります。

今回はそのときに感じたことからはじめます。

<予備校に求められるもの>
講師として、生徒募集のためにできることは
案内を聞きにきた高校生や浪人生に、
授業の進め方や勉強方法を説明することで、
「この予備校なら大丈夫」と確信しもてらうことでした。

そのときに、受けた質問の多くは、
「ほかにはどんな人が教えていますか?」
「自習室はいつでも使えますか?」
「テキストはどんなのですか?」

という3つでした。
ここから、私は、
予備校を見学に来る生徒はこの3つが
充実していること求めていると気づきました。

<テキストの重要性>
以上の3つの点のうち、自習室と講師については、
ある程度先に述べたので、
ここではテキストについて説明します。

予備校・塾が使うテキストは、
予備校・塾が提供する商品の中でも
もっとも重要なものの一つです。


テキストにはその予備校・塾で教えられ内容がつまっており、
そこに通えばどんなことが身につけられるのかが、
示されたものです。

いわば予備校・塾にとっての
「マニフェスト」のようなものです。

<大手予備校・塾の力の見せ所>
大手予備校・塾は、豊富なスタッフや経営資源を利用し、
実に様々なさまざまなオリジナルのテキストを作成しています。


一線級の講師がテキストに載せる問題を選定し、
種類も基礎からハイレベルまで、
目的に応じて多岐に渡ります


わたしは、書店には多くの優れた受験参考書や問題集が
あることを知っていますが、
大手の予備校・塾が力を結集して作った
オリジナルテキストにはかなわないと思っています。


<テキストをみてから>
予備校・塾を見学に行ったときには、
ぜひ一度テキストをみせてもらうことを
お勧めします。


現実として、オリジナルであっても
内容の乏しいテキストを用意している予備校・塾もあります。
また、予備校・塾専門に教材を作る出版社の教材を
利用しているところもあります。


そのような予備校・塾でも非常に優れた
授業や指導が行われているところもあります。


そのことについては、また別の回で説明しますが、
予備校・塾が本気でオリジナルテキストを
作っているかどうかは、予備校・塾を見極める
一つの大きなポイントです。

テキストから判断すれば、大手予備校・塾は
非常に魅力のある勉強の場だということができるでしょう。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス