トップへ > 予備校・塾の利用 > 予備校・塾の選び方2…大手予備校の優れた点

予備校・塾の選び方2…大手予備校の優れた点

<お子さん自身が>
以前、お子さん自身が授業を体験してみて
全体的な雰囲気を気に入れば、その予備校・塾は
おそらくそのお子さんにふさわしい・・・と書きました。

今後数回にわたって、講師の視点から
予備校・塾のよい点とそうでない点を述べていきます。

<大規模校のよい点>
大手の大規模予備校と言えば、すぐにいくつかの
有名予備校が思い浮かぶことと思います。

それらの予備校は全国にいくつも校舎をもちながら
さらに、一つ一つの校舎にも多くの生徒を集めています。

このような予備校のよい点といえば、
多数の生徒がいることから受ける刺激…が最初に
思い浮かびます。


<様々な生徒が>
学校での勉強をしっかりしていても、
いざ予備校に行くと、自分よりもはるかに学力の高い生徒が、
しかも、そのような生徒が相当の人数いて、軽いショックを受ける
生徒さんも少なくありません。

そのことで奮起し、いっそう勉強に励んでいく・・・これが
大規模予備校で受けるよい影響の一つ目ではないでしょうか。

また、他の高校の生徒と知り合い、
新しい価値観を知ることで、それ以後の進路に対して
別の角度から考えられることなども挙げられるでしょう。

<講師の力>
大規模予備校は、一般に講師の採用基準が非常に厳しく、
担当教科や入試問題ついての知識も驚くべきものがあります。
大手予備校は、入試に関して
真のプロフェッショナルがいる場所と考えてよいでしょう。


さらに、講師が授業で一息いれるときの雑談などにも
とても含蓄のあるもがあり、普段の高校生活では知ることの
できないアカデミックな話題や職業についての話題も魅力の一つです。


このような場から受ける知的な刺激が、
それまで眠っていた“やる気”を引き出してくれることは
決して少なくないのです。


この話題については、今後継続して説明していきます。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス