トップへ > 親の与える影響 > 私が思うお子さんの成長について1

私が思うお子さんの成長について1

どの親御さんでも、お子さんのことは

何かにつけて気になることと思います。

これから、少しずつ、私が思うお子さんとの

ふさわしい接し方を紹介していきたいと思います。

<私が思う大切なこと>
私は、人間が成長していく上で、

決して欠いてはならない視点は

「自立」

だと思っています。


挨拶や人との適度なコミュニケーション能力はもちろん、

勉強したり、特殊技能を身に付けたりするのも、

ゆくゆくはお子さんが自立するために必要だから

ではないでしょうか。


<勉強の意味>
このように考えたとき、お子さんにとって、

勉強とはどのような役割を果たすでしょうか?


勉強するのも大学に行くのも、

将来自立するにあたって、その一助となるからであって、

それ以上の見返りを勉強に求めるならば、

それはお子さん自身が選ぶことではないでしょうか。


つまり、自立するという目標を考えた場合

徒に高い偏差値を目指す必要はないということです。


<親御さんに考えていただきたいこと>
このことは勉強をする必要がないということを

意味するのではありません。


私は、親御さんから、うちの子は英語ができない、

数学ができない、数学の中の○○ができない、

といった相談を何度もうけてきました。


お子さんの勉強について、親御さんが真剣に

考えるのはとても大切なことです。


しかし、将来の自立という目標を考えた場合、

目先のことで一喜一憂する必要はないと思っています。


逆にテストなどでよくない結果となったときにこそ

お子さんは、様々なことについて思いを巡らし

精神的に変化を遂げていくということも考えられます。


ほとんどすべてのお子さんが、勉強のことを

大切に思っています。


親御さんが騒ぎすぎれば、その心配が

お子さんにうつったり、やる気をなえさせたり

することさえあります。


親御さんが、どのようにお子さんの勉強を

見守っていくのがよいのか、これから考えていきましょう。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス