トップへ > 大学受験のための「問題集」選び > 英単語の暗記のために…「ターゲット1900」

英単語の暗記のために…「ターゲット1900」

数ある英単語集の中で、もっとも利用者が

多いのは、旺文社の「ターゲット1900」

ではないでしょうか。

 

<私的な回顧>

私が受験生のころ…といっても、かなり前ですが

ターゲット1900はあまりメジャーな

英単語集ではありませんでした。

 

おそらく、あまり知られていなかったからでしょう。

それが、受験生を指導する立場になったころには

すっかり有名になっていて、しだいにターゲット以外の

単語集を使っている生徒を見つけるのが難しくなってきました。

 

<長所>

私が受験生のころの単語集は

1000〜1200語が収録されているものが

ほとんどでした。

 

ターゲットの1900個という収録数は

最高とまではいかないまでも、

もっとも見出し語が多い部類に入ります。

 

ターゲット1900が好まれる点はまさにこの語数の多さにあり、

「1冊でより多く覚えられる

 →よりたくさんの英単語を身につけらる」

と認識されて、今日の絶大な人気につながったのだと思っています。

 

 <改定が重ねられ>

ターゲットは3訂版から大きく変化し、

見開き左ページに単語とその意味、

右ページに例文という構成になりました。

 

私は、この例文から判断して、ターゲット1900は

基礎的な英単語はすでに知っている受験生向けだと思っています。

 

<例文を活用する>

私が思うターゲットの最大の長所は

収録語数が多いことです。

 

そして、もう一つ長所をあげるとすれば、

右ページの例文を通して、英文を読む練習ができ、

さらに、見出し語以外の単語も覚えられる点ではないでしょうか。

 

一度、挑戦してみてください。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス