トップへ > 親が間違う勉強法 > 受験勉強に対する「正しい無関心」

受験勉強に対する「正しい無関心」

お子さんの大学受験には、親御さんは原則的に

かかわらないほうがいいことについては述べましたが、

今回は、「正しい無関心」について記したいと思います。

 

<あくまでも不干渉>

お子さんが受験勉強を進める上で、

費用についての話し合いは避けて通れないことです。

 

予備校・塾、通信添削、家庭教師、

いずれであっても費用はかかります。

 

また、どこにも通わず独学で進める場合でも

問題集や参考書、受験の検定料など、

費用は必要となります。

 

私は、個人的には、費用のことについて以外は、

できるだけ、干渉しないでいるのがいいと思っています。

 

お子さんが相談を持ちかけてくる場合は別として、

助言したい気持ちを抑えて、お子さん自身に考え行動させ、

自立を促すことをお勧めいたします。

 

ときには、

「それぐらい自分で考えなさい」

と突き放すことも大事だとさえ思っています。

 

<控えるべきことも>

ですから、干渉しないでいれば、ほとんどの場合

受験にはマイナスにはなりません。

 

ただ、たとえば、お子さんが勉強中に、

子供の受験とは無関係とばかりに、

大きな音量でテレビや音楽を楽しむのは、

よいサポートとはいえません。

 

食事時に、お父さん・お母さんがみた映画や

テレビについての話題を楽しそうに話すもの、どうかと思います。

 

お子さんが、それらを楽しむことをこらえて

勉強に励んでいると感じるのであれば、

控えたほうがよいでしょう。

 

<正しい無関心>

私は、メール講座やニュースレターで

受験生のお子さんをとりまく環境をどのように作っていくか、

それがお子さんにどんな変化をもたらすかについて紹介しています。

 

 私のこれまでの経験から、

お子さんの勉強や生活に干渉・介入しないで、

いかにお子さんのやる気を引き出すか…

具体例をいれて説明しています。

 

どうか、わたくしのメール講座やニュースレターを

購読していただいて、お子さんがより快適に自発的に勉強する

「正しい無関心」を知ってほしいと願っています。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス