トップへ > 親が間違う勉強法 > 受験勉強についての親・家庭の勘違い

受験勉強についての親・家庭の勘違い

今回は、受験生を抱える家庭でよく起こる

勘違いについて、記していきます。

 

<かかわりすぎる親>

大学受験を乗り切るためには、

確かに家庭の支えは必要です。

 

しかし、私はいままでいくつも、

ちょっと違うのでのでは…

という家庭の支えをみてきました。

 

もっとも多いのが、関わりすぎることです。

予備校・塾選び、講座選び、授業を欠席する際の連絡、

その後の補習授業、成績が伸びない際の相談…

これらすべてを行ってしまう親御さんがいます。

 

特別な事情がない限り、いま述べたことは

すべてお子さんが行うことです。

 

もちろん、予備校・塾を選ぶ際には費用がかかるので

親御さんの助言は必要です。

また、あまりにも予備校・塾に誠意がない場合は

親が話し合いに出向くべきでしょう。

 

<受験生は大人であるべき>

しかし、大学受験は、すでに17・18歳となった

お子さん自身が行うことです。

この年ごろのお子さんは、大人として扱って、

大人に仕上げてしまうのが親のあるべき姿勢だと思われます。

 

というのも、入試は精神的に大人であるほうが、

絶対的に有利だからです。

この理由については、メール講座などで詳しく紹介します。

 

<志望校までも>

また、お子さん自身が志望校を選ばず、

事細かにさまざまな大学を調査し、

同じような学部・学科を入念に検討する親御さんもいます。

 

私個人の意見ですが、これはお子さん自身がすることです。

その理由は以下の通りです。

 

まず、大学に通うのはお子さん自身であり、

大学で身に付けたことを生かして

社会に出るのもお子さん自身であるからです。

 

<猛烈に憧れる>

親が決めた志望校には、

お子さんは強いこだわりをもちません。

 

入試は、適当なやる気で乗り切れるものではありません。

お子さん自身が、足を運んだり資料を検討したりすことで

十分納得して決定すれば、

入学以前から、その大学に強い愛着をもちます。

 

この愛着、どうしても入りたいという

くるおしいまでの欲求があってこそ、

長い受験勉強を乗り越えていく、

原動力になるのです。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス