トップへ > 大学受験のための英語の勉強法 > 英語・長文読解に取りかかる前に

英語・長文読解に取りかかる前に

大学入試の英語で避けて通れないのが、

長文読解問題です。

今回は、本格的な読解の練習の前に

必要なことや適切な勉強方をご紹介します。

 

<短い文章から>

英語の長文といっても、

それは短い文の連続にすぎません。

 

ですから、最初は短い英文の訳のしかたに

徹底的にこだわって練習するべきです。

 

 <厳密に>

短い英文だと、単語の意味がわかれば

なんとなく書いてあることがわかります。

 

しかし、そこで満足しないでください。

必ず、主語を訳してから、

修飾語や目的語、最後に動詞…この順で訳をします。

 

 <意味をつかむ>

そのようにして訳すと、

不自然な日本文になってしまうことも出てきます。

 

たとえば、 Her eyes showed happiness.

という英文を主語から訳すと、

「彼女の目は喜びを示した」となります。

 

このような不自然な日本文から、

「彼女の目から、彼女が喜んでいるのが感じられた」

という意味を、すばやく汲み取れるよう練習を続けるのです。

 

 <法則を身に付ける>

このようなことをする理由は一つです。

 

それは、どんな複雑で長い英文であっても考え抜ける

「読むための法則を身に付ける」ためなのです。

 

これから、英文を読む練習を本格的にはじめるのであれば、

短文をしっかり訳すことからはじめるべきでしょう。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス