トップへ > 予備校・塾の利用 > 予備校・塾の決定・・・決め手となるものは?

予備校・塾の決定・・・決め手となるものは?

請求した資料から、いくつかの候補が絞れたら、

次にするべきことは何でしょう?

 

<実際に行く>

授業システムや授業数、授業料など

事務的なことは、資料やパンフレットで

ほぼ知ることができます。

 

それでも、実際に足を運んで、対面で説明をうけ、

疑問点はすべてお尋ねになるべきです。

 

時間が許せば、気になる予備校は

すべて訪問するべきです。

 

<確かめること>

その予備校・塾の講師やテキストが

確かなものであるかは、合格実績をみれば

ほぼわかります。

 

できれば、その実績にかかわった講師の授業を

これからも受講できるのか、

つまりそれらの講師は、まだ在籍しているのかを

確かめるべきでしょう。

 

また、資料で紹介されている施設(教室や自習室など)は

実際に見てみると、予想していたものとは

ちがった印象を受けることもあるので、

こちらも確かめるべきです。

 

<授業の体験>

そして、どうしてもかかせないのが

お子さん自身が、授業を体験することです。

 

体験授業はその予備校・塾でも評判の

よい講師が担当するはずなので、

どのようなクオリティーの予備校・塾であるのか

ほぼ正確に判断できます。

 

また、何より大切なのは、全体的な雰囲気です。

教室や講師の雰囲気、その場にいる他の生徒の雰囲気、

そういったものは、今後長く通うことになる

予備校・塾そのものといえます。

 

全体的な雰囲気が気にいらないところでは

勉強以外の点でいくつものことが気になってしまいます。

 

その逆に、お子さん自身が、全体的な雰囲気を

よいと感じらたら、そこが、もっとも適した

予備校・塾だということになると思われます。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス