トップへ > 予備校・塾の利用 > 予備校・塾の選び方・・・資料請求をして

予備校・塾の選び方・・・資料請求をして

予備校・塾の資料や学校案内を見る場合に

とくに気をつける点について考えたいと思います。

 

<よく確認を>

お子さんが通う予備校・塾の候補が数個にしぼれた場合、

または多くの資料を比べて検討する場合、

いずれであっても、資料にはしっかり目を通されて

疑問点をなくしてから、入学の手続きをされるべきです。

 

<たとえば料金>

数個の予備校・塾の資料を比べれば、

授業料の相場はみえてきます。

 

その際、極端に授業料の安い予備校・塾や

その反対の予備校・塾に関心をもたれた場合は、

そのような料金設定なっている理由まで

確認されるのがよいでしょう。

 

たとえば、非常に安い場合は他の予備校・塾よりも

授業数が少なかったり、教材・テキストが

市販・出来合いのもので、クオリティーが

低いものであったりする可能性があります。

 

さらに、自習室がない、講師の指導力がない、

夏期や冬期の講習の料金が高い

・・・といったことも考えられます。

 

<例外として>

真に利用者の便宜を図るために 料金をおさえている

予備校・塾も現実として存在します。

ただ、それは資料だけでは判断できないことかも知れません。

 

 資料は予備校・塾を選ぶ決定的な材料とするのではなく、

 

 「選ぶ際に確認すべき事項を見つけるもの」

 

…このような意味合いで

利用されるのがよいのではないでしょうか。

 

予備校・塾の選び方については、

今後もさらに考えていきたいと思います。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス