トップへ > 大学受験のための英語の勉強法 > 英語の勉強…予備校・塾でも、自宅でも

英語の勉強…予備校・塾でも、自宅でも

おそらくとても多くの人が

大学入試のためにもっとも大切な教科は

英語だと考えているのではないでしょうか。

ここからは、英語の勉強について

概観していきたいと思います。

 

<大まかに分類すると>

英語の力をつけるために、

やるべきことをおおかまに分類すると、  

 ・英単語 

  ・イディオム(熟語) 

  ・文法 

  ・長文読解

の四つに分けることができるでしょう。

 

ここに、発音を加えることもできますが、

発音は、単語の習得と同時にできると考えておいてよいでしょう。

 

また、英語構文と呼ばれるものもありますが、

これはイディオムと文法とでカバーできものなので

あえて独立して考える必要はないと思います。

 

<はじめには>

多くの生徒が、受験勉強として英語を考えた場合、

最初に手をつけるのが英単語ではないでしょうか。

 

英単語を知らなければ、一行の文法問題さえ意味がわからず、

何をどう考えてよいのか見当がつきません。

 

さらに、長文読解になると、英単語の意味を知らなければ、

ほとんど何も意味がわからないことも珍しくありません。

 

<英単語だけでは…>

このように、英単語は英語の勉強を進めるうえで、

ぜひとも必要なものであり、たとえていうなら、

算数にとっての掛け算の九九のようなものではないでしょうか。

 

しかし、掛け算の九九が算数を身に付けていくための

道具であるように、

英単語も文法を考え文章を読むための基礎であって、

それを覚えることが自体が最終的な目的ではないのです。

 

 英語の学習のためにはどうしても必要な英単語。

ただ、それだけにこだわり続けるものではない

 …という微妙なさじ加減が、英単語の習得には求められます。

 

これから、何回か英単語を覚えることについて

考えていきましょう。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス