トップへ > 親が間違う勉強法 > お子さんを動かすには 3

お子さんを動かすには 3

<変化をつけるには>
勉強しないお子さんが勉強を始めるために、
お父さん・お母さんにできることは何でしょう?

<言葉の力>
お子さんに「勉強しなさい」とおっしゃっているのは
お子さんの勉強しない生活習慣を変えるためのことだと思われます。

私は、言葉にはとても力があると思っています。
ただ、「勉強しなさい」という言葉には、
お子さんを勉強に向わせる力はほとんどないようです。

知り合いやご親戚の勉強が得意なお子さんは
何かのきっかけで、勉強する習慣を身につけています。

勉強する習慣のないお子さんに
「勉強しなさい」という言葉一つで、
別人のように突然、これまでとは違う
習慣をつけろといってもとても難しい話です。

<習慣を変化させるには>
勉強が得意なお子さんのことを理想に思い
ご自分のお子さんのことを悩んでいるだけでは
問題は解決しません。

言葉で「勉強しなさい」と言うのとは違った方法を
用いることが大切だと、私は思っています。

どうか、
お子さんをとりまく環境を変えてください。

多くの、お父さん・お母さんが、言葉でお子さんを
勉強に向わせようとしています。

私が、お勧めするのは、言葉で強制するのではなく、
ご家庭の環境・雰囲気を変えることです。

それは例えば、お父さん・お母さんが、
「ご家庭で、いままでより多く笑顔を見せること続ける」
といったことなどです。

これだけでお子さんの習慣が、ガラリと変わることは
ないかもしれません。

それでも、このような小さなことをいくつも継続すれば、
お子さんの様子に何らかの変化が現れるの
です。

私のニュースレターでは、お子さんの習慣を変えることについて
さらに詳しくご紹介しています。


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス