トップへ > 親が間違う勉強法 > 大学受験に向けての学力判断 学校のテスト3

大学受験に向けての学力判断 学校のテスト3

<事実>
私には、高校や高校の先生を批判する意図はありません。
この先も私が聞いた事実だけを続けて記していきます。

<高校の思惑>
特に私立高校の場合、進学実績を上げることは
多くの生徒を獲得するため、また少しでも学力の高い
生徒を獲得するために、非常に重要なことです。

私が感じている問題は、
多くの高校で、進学実績を上げるために、
生徒の現状に合わない教材で指導が行われている

ということです。

<入試問題を使って>
たとえば、中レベルの高校でさえ、
高校1年や2年のかなり早い段階で
入試問題を用いての授業が行われています。

このこと自体は不適切な指導だとは思いません。
入試問題の中にも基礎のなかの基礎を問う問題も
かなりあるので、そういった問題で入試に対する
抵抗感をなくすのは大切だと思います。

しかし、多くの高校で、中学の学習内容さえ
しっかり身についてない生徒を対象に
一般的なレベルの大学入試問題や難易度の高い入試問題を
用いて授業が行われているのです。

<学力は判断できない>
このような授業の後の中間・期末テストでは
平均点が低くなるのは当然であり、
また、せっかく時間を費やして授業を受けたにもかかわらず、
身についたことはごく少しだった…となって当然なのです。

そしてこのようなテストでは、授業内容が
身についているのかついていないのかを、
正確に判断することは難しいのです。

高校で運動部に所属している普通の生徒に、
明日、オリンピックにでていい結果をだしなさいと
言っているに近いことなのです。

得点だけから、結果の良し悪しを
判断されない方がよいというのは
このような現状からもいえることなのです。


「大学受験に向けての学力判断 学校のテスト4」に続く


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス