トップへ > 親が間違う勉強法 > 大学受験に向けての学力判断 学校のテスト2

大学受験に向けての学力判断 学校のテスト2

<高校でのテストの現状2>
高校のテストでは、どうして平均点が
30点台となるようなことがあるのでしょうか?

<難しい問題>
考えられる一つ目のことは、問題が難しいことが
あげられます。
ただ、単に問題が難しいというだけなら
深刻な問題でありません。


<不適切なテスト>
私はこれまでに、驚くような高校の状況についての
話を数えられないほど聞いてきました。

私は、高校を批判したり、高校と敵対したりする
つもりはまったくありませんが…

事実として聞いたことから、以下のことを
ご紹介いたします。

「高校の中間・期末テストを作成する先生のなかには、
授業で扱ったことより遥かにレベルの高いことを出題される先生が少なくない」

のです。

<対応できるのか?>
生徒たちは、授業で新しいことを学び、
なんとか理解して、定期テスト前に復習します。

わずかひと月ふた月前に、生まれて初めて聞いたことについて、
中間・期末テストでは大学入試で出題されたことが
出題されたりするのです。

しかも、大学入試問題の中でも
難易度が高いものが、いくつも出題されるのです!
そしてこのことは、決して数少ない例ではないのです!


<現実として>
こういった高校でのテストの現状についての
判断や評価については、また別の回に
記したいと思います。

ここでは、現実として
生徒の現状を遥かに超えた問題が、
高校の定期テストでは出題されていることを
知っていただきたいと思います。


「大学受験に向けての学力判断 学校のテスト3」に続く


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス