トップへ > 親が間違う勉強法

親が間違う勉強法

お子さんを動かすには 1

<お父さん・お母さんの悩み>
高校生だというのに、お子さんが勉強している姿を
ほとんど見たことがない…
こんな状況でお困りではありませんか?

「お子さんを動かすには 1」詳細はこちら

お子さんを動かすには 3

<変化をつけるには>
勉強しないお子さんが勉強を始めるために、
お父さん・お母さんにできることは何でしょう?

「お子さんを動かすには 3」詳細はこちら

お子さんを動かすには 2

<勉強が得意なお子さん>
仮に、今これを読まれているお父さん・お母さんの
知り合いや親戚のお子さんが、とても勉強が得意だとします。
あなたのお子さんと、そのような勉強が得意なお子さんの
違いは何でしょうか?

「お子さんを動かすには 2」詳細はこちら

大学受験に向けての学力判断 学校のテスト1

<驚きの結果>
お子さんの学校でのテストの得点や、模擬テストでの偏差値を見て、
驚かれたことはなでしょうか?

ときには、予想をはるかに超える悪い結果で、
一気にお子さんの今後が心配になった…ということも
あるのではないでしょうか?

「大学受験に向けての学力判断 学校のテスト1」詳細はこちら

大学受験に向けての学力判断 学校のテスト2

<高校でのテストの現状2>
高校のテストでは、どうして平均点が
30点台となるようなことがあるのでしょうか?

「大学受験に向けての学力判断 学校のテスト2」詳細はこちら

大学受験に向けての学力判断 学校のテスト3

<事実>
私には、高校や高校の先生を批判する意図はありません。
この先も私が聞いた事実だけを続けて記していきます。

「大学受験に向けての学力判断 学校のテスト3」詳細はこちら

大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 1・2年生の場合 1

予備校や塾にお子さんを通わせているのに、
成績が上がらなくてもどかしい思いをしている
…このようなお父さん・お母さんは少なくないのではないでしょうか?

このことには、実はいくつもの原因があり、
単に、お子さんの勉強量が足りないことが原因…とは言い切れないのです。

「大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 1・2年生の...」詳細はこちら

大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 1・2年生の場合 2

大学受験までやや時間のある高校1・2年生の場合、
具体的にどのようなプロセスで成績を
上げていくのがよいかを考えてみたいと思います。

「大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 1・2年生の...」詳細はこちら

大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 3年生の場合 1

高校3になれば、受験に向けた勉強に
毎日とり組まなければなりません。

予備校・塾の賢い利用方法はどのようなものになるか
考えてみたいと思います。

「大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 3年生の場合...」詳細はこちら

大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 3年生の場合 4

<一般入試の場合>
高校3年生は、まさに一般入試にむけて
がむしゃらに受験勉強にとりかかるときです。

このとき、学校のテストやそれ以外のテストを
どのように考え生かしていくべきでしょうか?

「大学受験にむけて…予備校・塾と学校の成績の関係 3年生の場合...」詳細はこちら

受験勉強についての親・家庭の勘違い

今回は、受験生を抱える家庭でよく起こる

勘違いについて、記していきます。

「受験勉強についての親・家庭の勘違い」詳細はこちら

受験勉強に対する「正しい無関心」

お子さんの大学受験には、親御さんは原則的に

かかわらないほうがいいことについては述べましたが、

今回は、「正しい無関心」について記したいと思います。

「受験勉強に対する「正しい無関心」」詳細はこちら

褒められない親になっていませんか?

今回は、ある中学生、西岡君(仮名)の
ことをお話します。

「褒められない親になっていませんか?」詳細はこちら

お子さんの可能性は習い事・部活動で広がる?

今回は、小学生や中学生のお子さんが
習い事をなさることについて
考えてみたいと思います。

「お子さんの可能性は習い事・部活動で広がる?」詳細はこちら

習い事・部活動と親子のコミュニケーション

小学生・中学生のお子さんが,一週間のほぼ毎日,
何らかの習い事をなさることについて,
気をつけるべき点をさらに考えたいと思います。

「習い事・部活動と親子のコミュニケーション」詳細はこちら


大学受験合格パーフェクトプラン




メールアドレス




メールアドレス